朝日新聞デジタル for school

2017年10月19日(木)

記事をしらべる! 見たい、知りたい記事は過去5年分が検索可能。切り抜きイメージ表示、印刷も

宇宙がっこう

人類の未来と平和のため 的川泰宣

(2016年3月26日)

 宇宙の分野で素晴らしい発見・発明がなされるたびに、「すわ、ノーベル賞か?!」という反応が起きます。素粒子やブラックホール、重力波など、説明が非常に難しい事柄の ……もっと読む>>

地球外生命探し 各国が協力しあえば… 的川泰宣 (2016年3月19日)

 前回、火星への有人飛行で各国が協力することは、地上の平和を実現する上でも象徴的な課題だと述べました。一方、火星は「地球外生命」探しでも、とりわけ大切なターゲッ ……もっと読む>>

ISS、国境超えた協力のモデルに 的川泰宣 (2016年3月12日)

 国際宇宙ステーション(ISS)に、通常の約2倍の340日滞在した、米国のスコット・ケリー宇宙飛行士と、ロシアのミハイル・コルニエンコ宇宙飛行士が今月2日、「ソ ……もっと読む>>

約30メートルの小惑星、地球に接近中 的川泰宣 (2016年3月5日)

 2013年にロシア・チェリャビンスク付近で千人以上を傷つけた20メートルほどの隕石(いんせき)以来という、大きな火球が今年2月6日、ブラジル沖上空を襲い話題に ……もっと読む>>

ブラックホールの謎に迫る「ひとみ」 的川泰宣 (2016年2月27日)

 日本の6代目のX線天文衛星「アストロH」が17日、H2Aロケットに搭載されて打ち上げられ、無事軌道に乗りました。ロケットから分離されたアストロHは「ひとみ」と ……もっと読む>>

アインシュタインの宿題を解いたのは 的川泰宣 (2016年2月20日)

 アインシュタインが100年前に一般相対性理論で予言した「重力波」が、昨年9月に米国の重力波の観測所「LIGO(ライゴ)」に捉えられていました。検出後、世界で千 ……もっと読む>>

「衛星か、ミサイルか」の議論よりも 的川泰宣 (2016年2月13日)

 北朝鮮が、「水爆」実験に続いて、挑発的な「衛星」の打ち上げを敢行しましたね。運搬ロケット「光明星号」に搭載された「光明星4号」は、米国のレーダー追跡によると、 ……もっと読む>>

ミウラ折り、金星探査への希望 的川泰宣 (2016年2月6日)

 「ミウラ折り」をご存じでしょうか。日本の三浦公亮博士が考案した折りたたみ方で、人工衛星のパネルの展開などに応用されている画期的な折り方です。旅行で、1枚の地図 ……もっと読む>>

第9惑星はあるのか? 的川泰宣 (2016年1月30日)

 20日付の米天文学会の専門誌「アストロノミカル・ジャーナル」に、「太陽系外縁に巨大惑星の証拠」と題する論文が載りました。著者は米カリフォルニア工科大のコンスタ ……もっと読む>>

宇宙に一つだけの花 的川泰宣 (2016年1月23日)

 世界に一つだけの花――と言っても、SMAPの歌ではありません。地表から約400キロの軌道上にある国際宇宙ステーション(ISS)で花が咲いたのです。滞在中のスコ ……もっと読む>>

ページトップへ戻る