朝日新聞デジタル for school

2017年4月30日(日)

記事をしらべる! 見たい、知りたい記事は過去5年分が検索可能。切り抜きイメージ表示、印刷も

数と科学のストーリー

高み目指した和算家たち

(2014年9月28日)

 円周率の研究を精力的にした日本人を知っていますか。江戸時代の数学者、建部賢弘(たけべかたひろ)(1664~1739)です。12歳で、数学者関孝和(?~170 ……もっと読む>>

真の円周率、探究は続く (2014年9月14日)

 3.141592653589793238462643383279……この数を暗記している方もいらっしゃるでしょう。円周率πですね。私はメールの署名欄の線代わ ……もっと読む>>

タクシーナンバーに興奮 (2014年8月31日)

 インドの数学者シュリニヴァーサ・ラマヌジャン(1887~1920)は、32年の短い生涯の間に数千の公式を残しました。  南インドで生まれたラマヌジャンは幼少 ……もっと読む>>

友愛数、約数の和の不思議 (2014年8月10日)

 前回の「完全数」を覚えていますか? その数自身を除いたすべての約数の和が、元の数と等しくなる数でした。今回の宿題は、220と284の約数の関係でしたね。「完 ……もっと読む>>

未知なる「完全数」探査は続く (2014年7月27日)

 6の約数は1、2、3、6。28の約数は1、2、4、7、14、28。前回の宿題は、これらの共通点を見つけることでした。並んだ数字を見て分かりましたか?  答え ……もっと読む>>

「数える」で進化した人類の文明 (2014年7月13日)

 みなさんは、何歳で「数える」ことを始めたでしょう。1、2、3、……身近なものを数を唱えて覚えたのではないでしょうか。では積み木がたくさんあったら? 五つぐら ……もっと読む>>

一筆書きと「グラフ理論」 (2014年6月29日)

 宿題の「ケーニヒスベルクの橋の問題」に挑戦しましたか?  18世紀、プロイセン王国の都市ケーニヒスベルクを流れるプレーゲル川に、イラストのような七つの橋が架 ……もっと読む>>

ナイチンゲールも説明に活用 (2014年6月15日)

 「グラフ」といえば、全体に対する割合を示したり、数量の大小を比較したりするための「統計グラフ」が身近ですね。例えば、政党支持率の「円グラフ」、月別雨量の「棒 ……もっと読む>>

見えない座標を求めて (2014年6月1日)

 私たちは地球上に生きています。では、「いま、あなたは地球上のどこの位置にいますか?」と問われた時、何と答えますか? 地球上の位置を端的に表すのが、「緯度」と ……もっと読む>>

挑戦続く「ゴールドバッハ予想」 (2014年5月18日)

 前回の「双子素数予想」は、素数の未解決問題でした。今回はそれと並ぶ「ゴールドバッハ予想」についてご紹介します。  4以上の偶数、つまり4、6、8、10、12 ……もっと読む>>

ページトップへ戻る