朝日新聞デジタル for school

2017年4月30日(日)

記事をしらべる! 見たい、知りたい記事は過去5年分が検索可能。切り抜きイメージ表示、印刷も

科学の扉

ロボット、ソフトに進化 ほどよい加減、人を柔軟サポート

(2017年4月30日) NEWS

 ロボット研究で、「ソフトロボティクス」という新分野が注目を集めている。ソフトとは、ロボットを動かすためのソフトウェアではなく、物理的に軟らかいこと。「ほどよい ……もっと読む>>

南国の生き物、北上中 温暖化が原因、九州のチョウが都内に (2017年4月23日)

 ナガサキ、ヤクシマ、リュウキュウ……。名前に九州や沖縄の地名がついた南国の生き物が、分布域を北に広げている。気候変動による気温上昇などの影響とみられる分布域の ……もっと読む>>

廃熱、音に変えれば… エネルギーに再利用、研究進む (2017年4月16日)

 細いパイプにスチールウールを入れて片側をバーナーであぶると「ボー」と音が鳴る。18世紀から知られている「熱音響」という現象だ。それを廃熱の有効活用につなげよう ……もっと読む>>

ここが数学の最先端 思考と議論に没頭、偉業生み出す (2017年4月9日)

 国内で唯一の数学全般を専門にした研究所である京都大学の数理解析研究所(RIMS〈リムス〉、京都市)。数学のノーベル賞と言われるフィールズ賞受賞者ら、世界でもト ……もっと読む>>

「想定外」を考える 地球に小惑星衝突の危機 (2017年4月2日)

 《その時、何が》  新たな小惑星が見つかった。国際天文学連合は「2017PDC」と命名し、軌道計算から、地球に衝突する可能性がある「潜在的に危険」と分類された ……もっと読む>>

ウナギの生態、探る旅 居場所、遊泳パターンから推定 (2017年3月26日)

 かば焼きでおなじみのニホンウナギ。マリアナ諸島沖で生まれるなど生態の解明が大きく進んでいるが、親魚の回遊ルートなど謎も残る。様々な手法で調査が続いており、こう ……もっと読む>>

木材生まれ、夢の素材 資源無限、強度は鋼鉄の5倍 (2017年3月19日)

 軽くて丈夫、熱による伸び縮みも小さい、資源の量は無尽蔵……。植物由来の新素材「セルロースナノファイバー」(CNF)の研究が進んでいる。研究が本格化してわずか1 ……もっと読む>>

機械と会話する時代 膨大なデータ学習、精度高まる (2017年3月12日)

 人の話し言葉を機械に理解させる、音声認識の精度が高まっている。離れた場所でも反応し、新しい言葉の認識も早くなったことで身近な製品も増加中だ。インターネットやス ……もっと読む>>

マウス、医学を支える ゲノム編集、ヒトの病気再現 (2017年3月5日)

 ヒトの病気の原因を探って治療法を開発するのに欠かせないのが実験動物のマウスだ。遺伝子工学の進歩で、ヒトの病気に似た状態を再現したマウスが作れるようになった。遺 ……もっと読む>>

異常気象の背景探る 温暖化の影響、計算で明確に (2017年2月26日)

 猛暑や暖冬、豪雨などが起こると「やはり地球温暖化のせいなのか」と話題になる。しかし、この疑問にはっきりと答えるのは難しい。個別の異常気象が温暖化でどれだけ起き ……もっと読む>>

ページトップへ戻る