朝日新聞デジタル for school

2019年3月27日(水)

記事をしらべる! 見たい、知りたい記事は過去5年分が検索可能。切り抜きイメージ表示、印刷も

科学の扉

遺伝情報補うRNA修飾 たんぱく質の合成調節、薬・ゲノム編集に活用も

(2019年3月25日)

 生命の設計図であるDNA。そこに記された遺伝情報の具体化に欠かせないRNAは、設計図に書かれていない化学物質などの「修飾」がたくさん付いている。その役割の解明 ……もっと読む>>

天下分け目、モグラ決戦 声出し威嚇、旧支配者アズマVS.体格勝るコウベ (2019年3月18日)

 かつてこの国を支配していた者たちが、西から来る者たちに追いつめられている。本州の真ん中で、天下分け目の戦いが起きている。だが、存亡をかけた戦いを、私たちは見る ……もっと読む>>

倒壊リスク、瞬時に判定 東日本大震災8年 (2019年3月11日)

 大地震に見舞われた後、今いる建物は安全か。余震には耐えられるのか――。地震大国の日本で繰り返し問題になる被災した建物の診断技術の開発が進んでいる。速やかな判定 ……もっと読む>>

新材料「タフポリマー」 軽くて丈夫な車を開発、他分野へ広がる応用 (2019年2月25日)

 「タフポリマー」と呼ばれる新タイプの高分子材料を使った車を、東京大などが開発した。軽くて耐久性が高いのが特徴で、車体の大幅な軽量化に成功した。今後、スポーツ用 ……もっと読む>>

電動航空機、日本に期待 超電導などの技術、ボーイング社が注目 (2019年2月18日)

 米ボーイング社と経済産業省が1月、環境負荷が少なく静かな電動航空機の開発に向けた技術協力で合意した。「航空機業界の巨人」といわれるボーイングが目をつけた日本の ……もっと読む>>

種も卵も…はや情報戦 早めに発芽・一斉に孵化/生存競争を有利に? (2019年2月11日)

 あらゆる生物は、コミュニケーションしながら生きている。周囲の環境から情報を集め、仲間や敵にメッセージを伝える――。生存に欠かせないこうした活動は、実は「生まれ ……もっと読む>>

血液数滴で超早期発見 がんとともに (2019年2月4日)

 わずか数滴の血液で、極めて早期に13種類のがんを診断する技術の研究が進んでいる。すでに、がんを判別する手がかりになる、血液中の「マイクロRNA」の組み合わせを ……もっと読む>>

粘菌、単細胞でも賢い!? 体を伸縮し迷路を解く、交通網などに応用も (2019年1月28日)

 はい回るドロドロのあやしい塊から、宝石のような美しい姿に変わることもある、不思議な生き物「粘菌」。単細胞なのに、迷路を解く「賢さ」を持ち、「知性」とは何かを探 ……もっと読む>>

ごみ対策に生分解性プラ 微生物の力で「消滅」/価格・分解速度に課題も (2019年1月21日)

 マイクロプラスチックによる海洋汚染など、プラスチックごみの問題がクローズアップされるなか、注目されているのが「生分解性プラスチック」だ。用途に合った使い方をす ……もっと読む>>

人の中にウイルス遺伝子 祖先が感染、DNAに混入/発病防ぐことも (2019年1月14日)

 我々のDNAには、もともとウイルスの遺伝子だったものが約8%も混ざっているという。大昔に祖先が感染した際に取り込まれたとみられる。これらの中には、ウイルス感染 ……もっと読む>>

ページトップへ戻る