朝日新聞デジタル for school

2017年10月19日(木)

記事をしらべる! 見たい、知りたい記事は過去5年分が検索可能。切り抜きイメージ表示、印刷も

文化の扉

大相撲中継は1等席 多彩な切り口、取組以外も紹介

(2017年10月15日)

 「だらだらしている」。取組以外の時間が長いことから、大相撲中継は時にそう批判されることがある。本当か? 今や人気が過熱してチケットがなかなかとれない大相撲だが ……もっと読む>>

熊楠、知るほどすごい 博物学・宇宙観・エコロジー…膨大な資料 (2017年10月1日)

 粘菌研究をはじめとする生物学や民俗学、人類学など幅広い分野に多大の業績を残し、「知の巨人」と称される博物学者・南方熊楠(みなかたくまぐす)。今年、生誕150年 ……もっと読む>>

連句、コラボの妙味 36句詠み合う「歌仙」主流、未知の展開楽しむ (2017年9月24日)

 1人が五七五を詠んだら次の人が七七を詠み、また別の人が五七五……と、長句と短句を連ねる「連句」。現在の俳句の母体であり、かつては連句が主流だった。他人と共に創 ……もっと読む>>

将棋、多様化する戦法 移ろう主流・ソフト進歩で定跡見直し (2017年9月17日)

 スポーツと同じように、将棋にも様々な戦い方がある。現在の将棋は江戸時代には成立したと言われ、棋士たちの研究の積み重ねで戦法も多様化。最近は、プロをしのぐまでに ……もっと読む>>

金継ぎで器にお化粧 繕いを新たな美に・全国で体験教室盛ん (2017年9月3日)

 愛用の器が割れたり、欠けたりしたら――。捨てて買い直す人も多いのでは。でも今、破損した器を漆で継ぎ、金や銀で化粧して繕う「金継(きんつ)ぎ」が静かなブームにな ……もっと読む>>

声優、マルチな活躍 フェスやグラビア…「素顔」もファンつかむ (2017年8月27日)

 雑誌グラビアにキラッキラの男女がずらり。いまや人気声優はライブでも1万人規模のファンを集める。ぐいぐい表に出るようになった声優は中高生のあこがれの仕事でもある ……もっと読む>>

ドラキュラの伝説に迫る 冷酷さや高貴さ、映画でイメージ定着 (2017年8月20日)

 夜ごと出没するあやしい影。首筋に牙を立てすする甘い鮮血。忌まわしいモンスターとして恐れられる一方、高貴なイメージがある吸血鬼ドラキュラ。なにゆえ文学や映画の主 ……もっと読む>>

地獄・極楽へご案内 死後の世界観、罪の自覚・善行促す (2017年7月30日)

 この世を去ったらどこへ行くのだろう。地獄か極楽か。その世界観は、平安時代の僧・源信(げんしん)(942~1017)が残した著書「往生要集(おうじょうようしゅう ……もっと読む>>

女性と髪形、挑戦の歩み 大正期、社会進出で新アレンジ・断髪は異端 (2017年7月23日)

 髪は女の命――。そんな言葉もあるように、街には、髪を手入れし、様々な髪形を楽しむ女性たちの姿があります。女性が多彩な髪形を手にするまでには、時代に翻弄(ほんろ ……もっと読む>>

人間国宝「わざ」の極み 通称で認知度アップ、制度の趣旨とズレも (2017年7月16日)

 歌舞伎や能楽の舞台で、あるいは伝統工芸の作品で、感嘆のため息をつかせる技のきらめきに遭遇することがある。「さすが○○さんは人間国宝だ」などと称賛するのが常だが ……もっと読む>>

ページトップへ戻る