朝日新聞デジタル for school

2019年3月27日(水)

記事をしらべる! 見たい、知りたい記事は過去5年分が検索可能。切り抜きイメージ表示、印刷も

折々のことば

(折々のことば)1355 市場経済のなかで生きてい… (2019年1月24日)

市場経済のなかで生きている人間は……すべて市場で投機家としてふるまわざるをえない 岩井克人 ■鷲田さんのことば  投機家とは、自らが必要とするものを買うのでも生 ……もっと読む>>

(折々のことば)1354 部分部分はそれぞれうまく… (2019年1月23日)

部分部分はそれぞれうまく組み合わさっているのだが、それが全体としてどのような絵柄になるのか想像する者がいなくなった 猪木武徳 ■鷲田さんのことば  技術が高度化 ……もっと読む>>

(折々のことば)1353 「砂時計は、時間を丸見え… (2019年1月22日)

「砂時計は、時間を丸見えにするんだね」 水無田気流(みなしたきりう) ■鷲田さんのことば  今日も子どもの通院。診察まで長時間待ったり、治療後ご褒美にカフェでケ ……もっと読む>>

(折々のことば)1352 貧困はけっして自分には関… (2019年1月21日)

貧困はけっして自分には関係のない問題ではなく、すぐとなりにあるものなのです。 もやい ■鷲田さんのことば  貧困問題をめぐるNPO法人自立生活サポートセンター「 ……もっと読む>>

(折々のことば)1351 「涙」とは「心のメイク落… (2019年1月20日)

「涙」とは「心のメイク落とし」で、ちょうど肌と同じような具合で、休ませてくれるものなのかな、と思いました。 ある雑誌編集者 ■鷲田さんのことば  執筆依頼の書簡 ……もっと読む>>

(折々のことば)1350 木は数百年もの時間をかけ… (2019年1月19日)

木は数百年もの時間をかけて養分を地面から取り込んで体内にためる。これが子どもたちにとってかけがえのない遺産となる。 ペーター・ヴォールレーベン ■鷲田さんのこと ……もっと読む>>

(折々のことば)1349 「かあさんって、ぼくがう… (2019年1月18日)

「かあさんって、ぼくがうれしいと、いつもうれしいっていうんだね」 戸田和代 ■鷲田さんのことば  子狐を亡くし憔悴(しょうすい)する母狐。通りかかった電話ボック ……もっと読む>>

(折々のことば)1348 過去が大きな物語としてし… (2019年1月17日)

過去が大きな物語としてしか存在せず、過去へアクセスするための道具が「強いられる」ものでしかないような状況は……つまらない。 佐藤知久・甲斐賢治・北野央 ■鷲田さ ……もっと読む>>

(折々のことば)1347 本家に気兼ねすることなく… (2019年1月16日)

本家に気兼ねすることなくやっているときに、日本人は結構おもしろいものをつくることができたんじゃないか 高畑勲 ■鷲田さんのことば  中国や西洋という「本家」を模 ……もっと読む>>

(折々のことば)1346 常識はいつか古いものとして… (2019年1月15日)

常識はいつか古いものとして代わられる自分を意識した寛容な哲学です。 なだいなだ ■鷲田さんのことば  「説明などしなくても、社会の全員が一致できる意見」を、かつ ……もっと読む>>

ページトップへ戻る