朝日新聞デジタル for school

2017年6月29日(木)

記事をしらべる! 見たい、知りたい記事は過去5年分が検索可能。切り抜きイメージ表示、印刷も

記者有論

劇的進化の囲碁AI 笑えない「実社会での暴走」 大出公二

(2017年6月23日)

 2045年、人工知能(AI)が人類の知性を超え、人の営みを根本から変える人類史の転換点「シンギュラリティ」が訪れる。AIの世界的権威レイ・カーツワイル氏が自著 ……もっと読む>>

合唱教育とポップス 人生の指針となりうる曲を 吉田純子 (2017年6月17日)

 全国の小中高生が参加する合唱の祭典「NHK全国学校音楽コンクール」で、中学の課題曲がAKB48の新曲になったことが教育現場に波紋を広げている。指揮者の田久保裕 ……もっと読む>>

休日労働抑制 努力規定では効果に疑問 阪本輝昭 (2017年6月8日)

 休みが半年で4日だけ。連続勤務は最大で91日――。そんな働き方をしていた女性が心臓疾患の疑いで急死し、労災(過労死)認定された。 時間外労働は月平均70時間余 ……もっと読む>>

障害児の親として 医療的ケア整備だけでなく 山下剛 (2017年6月1日)

 チューブで胃や腸に栄養を送る経管栄養やたんの吸引――。こうした医療的ケアを日常的に必要とする子どもを「医療的ケア児」という。厚生労働省研究班の推計では全国に約 ……もっと読む>>

働き方改革 転職が当たり前の社会に 庄司将晃 (2017年5月11日)

 この半年余りで、「働き方改革」という言葉はすっかり世の中に定着したようだ。改革を「最大のチャレンジ」と位置づけてPRに励んだ安倍政権が3月末にまとめた「実行計 ……もっと読む>>

攻めの温暖化対策 国境炭素税で途上国支援を 香取啓介 (2017年5月4日)

 これまでタダ同然で排出していた二酸化炭素に価格をつけて、排出者に払わせる。「炭素税」についての議論が再燃している。排出の多い企業は、排出を減らす対策か、税金を ……もっと読む>>

避難所の排泄問題 災害時のトイレを語ろう 野中良祐 (2017年4月19日)

 トイレで排泄(はいせつ)する。人間の生理的欲求は、災害時も変わらない。にもかかわらず、食料の備蓄と比べ、災害用トイレの備えは、重要性が広く認識されていないのが ……もっと読む>>

地方議員の政務活動費 議会本来の仕事に使え 井上裕一 (2017年4月13日)

 2014年に兵庫県議の「号泣会見」が世間を大きく騒がせながら、まだこれだけの不正が陰で行われていたのか――。昨年、半ばあきれる思いで、地方議員の政務活動費(政 ……もっと読む>>

津波新想定5年 生きたい世界がなければ 佐藤達弥 (2017年4月6日)

 津波から逃げるか、逃げないかはその人にとって生きたいと思える世界があるかが大事なんです――。  国が南海トラフ地震の津波想定を公表してから、3月31日で5年が ……もっと読む>>

ノーベル賞と五輪 メダル偏重せず「基礎」も 稲垣康介 (2017年3月24日)

 ロンドンの北部に「文武両道」のかがみのような人物の名を冠した庭園がある。フィリップ・ノエルベーカー卿(1889~1982)。軍縮運動に生涯をささげ、ノーベル平 ……もっと読む>>

ページトップへ戻る