朝日新聞デジタル for school

2018年4月26日(木)

記事をしらべる! 見たい、知りたい記事は過去5年分が検索可能。切り抜きイメージ表示、印刷も

社説

「首相案件」 加計ありきの疑念再び (2018年4月11日)

 今度こそ、国会で徹底的に事実を解明しなければならない。  国家戦略特区の制度を使った加計学園による獣医学部新設をめぐり、新たな文書が明らかになった。安倍首相の ……もっと読む>>

日本原電支援 東電に資格があるのか (2018年4月11日)

 福島第一原発の事故を起こし、政策支援と巨額の国民負担で生かされている東京電力に、存在意義が揺らぐ他社を助ける資格があるのか。  茨城県にある東海第二原発の再稼 ……もっと読む>>

スポーツ不祥事 常識との溝、深い不信 (2018年4月10日)

 信じがたい不祥事がスポーツ界で続く。  大相撲では、巡業先の土俵上で倒れた地元市長のために救命活動をしていた女性看護師らに対し、土俵から降りるよう求める場内ア ……もっと読む>>

森友問題 値引きの根拠が揺らぐ (2018年4月10日)

 森友学園への国有地の売却価格は適正だったのか。8億円にのぼる値引きの根拠を揺るがす事実がまた明らかになった。  財務省の太田充理財局長は、きのうの参院決算委員 ……もっと読む>>

道徳の教科化 矛盾の色ますます濃く (2018年4月8日)

 小学校ではこの春から、中学校でも来春から、道徳が「教科」になる。検定教科書を使うことが義務づけられ、教員による評価も始まる。  朝日新聞の社説は一貫して教科化 ……もっと読む>>

森友問題 真相究明が国会の使命 (2018年4月8日)

 いまこそ国会が行政監視の使命を果たす時だ。  森友学園との国有地取引をめぐる財務省の文書改ざん問題は、当時理財局長だった佐川宣寿(のぶひさ)氏が証人喚問で証言 ……もっと読む>>

米中貿易摩擦 報復の応酬は危うい (2018年4月7日)

 米国と中国の貿易摩擦が激しさを増している。制裁と報復の応酬に歯止めをかけ、貿易戦争に陥ることは何としても避けねばならない。  口火を切ったのは米国だ。中国など ……もっと読む>>

働き方改革 労働者保護に焦点絞れ (2018年4月7日)

 安倍政権が今国会の最重要法案と位置付ける働き方改革関連法案が国会に提出された。  長時間労働是正のための残業時間の罰則付き上限規制と、非正社員の待遇改善に向け ……もっと読む>>

イラク日報隠蔽疑惑 安保政策の土台が崩れる (2018年4月6日)

 「ない」と言っていた公文書が見つかっただけではなく、その存在に1年前から気づいていたのに、大臣にも報告せず、ずっと伏せていたというのだから、驚き、あきれるほか ……もっと読む>>

働き方改革 混迷は政権の責任だ (2018年4月5日)

 都合のよいことばかり強調し、不安や懸念には耳を傾けない。そんな政府の不誠実な態度が問題を引き起こし、働き方改革は混迷に陥っている。安倍首相はそのことを認識すべ ……もっと読む>>

ページトップへ戻る