朝日新聞デジタル for school

2018年11月19日(月)

記事をしらべる! 見たい、知りたい記事は過去5年分が検索可能。切り抜きイメージ表示、印刷も

社説

幼保無償化 現場の声聞き考え直せ

(2018年11月18日) NEWS

 幼児教育・保育の無償化をめぐり、現場を担う市町村と国の足並みが乱れてきた。  無償化に必要な財源の負担を求める国に対し、市町村側が「国民に大盤振る舞いして、支 ……もっと読む>>

ロヒンギャ 拙速な送還は許されぬ (2018年11月18日) NEWS

 難民の帰還は、戻ってからの身の安全が保障され、かつ自発的であることが前提だ。この原則はゆるがせにできない。  東南アジアの西端ミャンマーからバングラデシュに逃 ……もっと読む>>

イッテQ疑惑 放送への信頼傷つけた (2018年11月17日)

 人気のバラエティー番組にいったい何があったのか。すみやかに真相を明らかにして、社会に報告する責任がある。  日本テレビ制作の「世界の果てまでイッテQ!」に疑念 ……もっと読む>>

自衛隊の事故 再発防止へ足元を見よ (2018年11月17日)

 国民の命を守る自衛隊が、逆に国民を危険にさらす。あってはならない深刻な事態であり、防衛省・自衛隊は経緯を徹底的に検証し、再発防止に力を尽くさねばならない。   ……もっと読む>>

閣僚の資質 「適材適所」には程遠い (2018年11月16日)

 これが、安倍首相が胸をはる「適材適所」なのか。  一昨日の衆院内閣委員会で、耳を疑う答弁があった。政府のサイバーセキュリティ戦略本部(本部長・菅官房長官)の副 ……もっと読む>>

日ロ条約交渉 拙速な転換は禍根残す (2018年11月16日)

 日本とロシアの間には、戦後70年以上にわたり平和条約がない。正常な隣国関係をつくるうえで、領土問題を含めた交渉に力を注ぐことは重要だ。  ただし、国境の画定と ……もっと読む>>

大谷選手 挑戦する姿勢への共感 (2018年11月15日)

 時速100マイル(約160キロ)を超す速球を投げ、豪快な振りで本塁打をかっ飛ばす。  ことしから米大リーグに移った大谷翔平選手が、アメリカン・リーグの新人王に ……もっと読む>>

入管法改正案 これでは議論できない (2018年11月15日)

 政府の説明を聞けば聞くほど、審議に堪える内容ではないことがはっきりしてきた。この国会の焦点である出入国管理法改正案のことだ。  野党側から求められていた外国人 ……もっと読む>>

来春の10連休 国民の声届いているか (2018年11月14日)

 皇太子さまが新天皇に即位する来年5月1日を祝日とする法案が、きのう閣議決定された。  政府は常々、代替わりが「国民がこぞってことほぐ中で、つつがなく行われるよ ……もっと読む>>

生物多様性 保全へ、日本の役割を (2018年11月14日)

 生態系がもたらす豊かな恵みを、いかにして守っていくか。その柱となる生物多様性条約の第14回締約国会議(COP14)が、今月17日から29日までエジプトで開かれ ……もっと読む>>

ページトップへ戻る