朝日新聞デジタル for school

2019年3月27日(水)

記事をしらべる! 見たい、知りたい記事は過去5年分が検索可能。切り抜きイメージ表示、印刷も

リレーおぴにおん

魚のミライ:11 ゲノム編集、陸上養殖に貢献 木下政人さん

(2019年3月27日) NEWS

 「ゲノム編集」と呼ばれる最新の技術を使い、筋肉量が通常のマダイより2割多い「肉厚マダイ」をつくりました。筋肉量が多いということは、食べられる部分が普通のマダイ ……もっと読む>>

魚のミライ:10 資源管理へ、海のデータ作り 和田雅昭さん (2019年3月26日)

 北海道函館市内の水産機械メーカーに勤めていた1990年代半ば、養殖のホタテが大量に死んだ事件がありました。ホタテに穴を開ける機械を漁業者に納入した年でした。原 ……もっと読む>>

魚のミライ:9 乱食・乱獲では持続不可能 勝川俊雄さん (2019年3月13日)

 昨年12月に漁業法が70年ぶりに改正されました。「水産資源の持続的な利用」という言葉が入り、水産資源の管理に国と都道府県が責任をもつことになりました。そんな当 ……もっと読む>>

魚のミライ:8 東北の元気、サバ缶に詰めて 高橋大就さん (2019年3月12日)

 「東(ひがし)の食の会」は東日本大震災の3カ月後、東京の食プロデューサーたちと立ち上げました。東北の農家や漁師などの生産者と食品会社をつなぎ、危機的な被害を受 ……もっと読む>>

魚のミライ:7 パパが料理、社会を変える 滝村雅晴さん (2019年3月6日)

 妻や子どものために料理する「パパ」を応援する仕事をしています。昨年からは「パパさかな大使」として、パパや子どもたちに魚のおいしさを伝えています。  魚離れが進 ……もっと読む>>

魚のミライ:6 シベリア文化、淡水魚と共に 大石侑香さん (2019年3月5日)

 シベリアというと、氷に閉ざされて荒涼とした不毛の地だと思っていませんか。それは温暖な土地で農耕をする私たちの勝手なイメージかもしれません。シベリアの河川や湖沼 ……もっと読む>>

魚のミライ:5 マグロ養殖で探る、共存の道 岡田貴彦さん (2019年2月27日)

 日本人が好む高級魚、クロマグロを養殖しようという研究プロジェクトが近畿大学で始まったのは1970年です。試行錯誤を重ね、世界初となるクロマグロの完全養殖に成功 ……もっと読む>>

魚のミライ:4 魚ロボット、広がる水の世界 川崎直樹さん、有谷拓也さん (2019年2月26日)

 川崎さん この魚ロボット「COMET(コメット)」は体長約20センチ。リモコンで操作しなくても、自分で金魚を追いかけます。海の魚だと、泳ぐのが速くて追いつけま ……もっと読む>>

魚のミライ:3 食べて知る、外来魚・深海魚 平坂寛さん (2019年2月13日)

 外来魚や深海魚を食べるようになった原体験は、小学校5年生くらいのとき、外来魚のブラックバスを釣ったことです。日本の川魚とは違い、口が大きくて、海にいるスズキな ……もっと読む>>

魚のミライ:2 仲卸だって、おもてなし 平野文さん (2019年2月6日)

 魚を通して四季を感じることができる私たち日本人は、本当に幸せです。  春の初ガツオと秋の戻りカツオとでは同じカツオなのに味が違います。秋になれば、サンマを炭で ……もっと読む>>

ページトップへ戻る