朝日新聞デジタル for school

2018年7月21日(土)

記事をしらべる! 見たい、知りたい記事は過去5年分が検索可能。切り抜きイメージ表示、印刷も

リレーおぴにおん

旅のチカラ:11 祖先も非日常、楽しんだ? 海部陽介さん

(2018年7月11日)

 最初の「日本列島人」は3万年以上前に、海を越えてやってきたと分かってきました。旧石器時代の今から3万8千年前ごろになって突如、遺跡が多数現れるからです。このこ ……もっと読む>>

旅のチカラ:10 海外で自ら透析、情報収集 池間真吾さん (2018年7月4日)

 若いときから一人旅が好きで、学生のころはバックパッカーでした。就職した放送局を辞めて那覇で民宿を始めたのも、旅にかかわる仕事をしたかったからです。そんなとき、 ……もっと読む>>

旅のチカラ:9 荷造りで知る、自分の現在形 土岐麻子さん (2018年7月3日)

 旅には、何を持っていけばいいのだろう。準備の段階から緊張して、苦手で、面倒くさくて。出かけるまでの過程が嫌いだと、自覚していました。  それが何年か前に、かば ……もっと読む>>

旅のチカラ:8 「陰」を巡る観光、記憶も継承 井出明さん (2018年6月27日)

 ダークツーリズムの考え方は、1990年代に英国で生まれました。観光客の動きを調べると、戦争や災害、事件の跡などを訪れる人が少なくないことがわかりました。こうし ……もっと読む>>

旅のチカラ:7 待っているお客、元気の源 中嶋信行さん (2018年6月19日)

 高校を出て薬売りの世界に入り、20歳で父から滋賀県と三重県の懸場(かけば)(営業地域)を引き継ぎました。薬を置かせていただいている約1300軒のお得意様を半年 ……もっと読む>>

旅のチカラ:6 出会いから人生が変わる 岡本美鈴さん (2018年6月13日)

 死を意識した二つの出来事が、私を旅に誘い、旅先での出会いが、人生を変えました。カナヅチだった自分が、空気タンクなしで潜る深さを競うフリーダイビングの世界にのめ ……もっと読む>>

旅のチカラ:5 銚電がある日常、応援したい 尾池月奈さん (2018年6月12日)

 銚子電鉄は、千葉県銚子市のローカル鉄道です。銚子駅と外川駅間の6・4キロを走っています。経営は厳しくて、古くなった駅舎の修繕もできませんでした。そこで2016 ……もっと読む>>

旅のチカラ:4 風景は変わる、迷うため行く 安野光雅さん (2018年6月6日)

 街と街の間に、必ず森がありました。街の中心にある駅に近づく肌ざわり、街を通り過ぎてどんどん遠ざかる感触も――。1977年に出した「旅の絵本」で描いた風景です。 ……もっと読む>>

旅のチカラ:3 「旅育」、現地のお金を渡す 木舟周作さん (2018年5月30日)

 半年ほど前、家族でイギリス南部の小さな町、エクセターにホームステイしたときのことです。子どもたち3人はその家のご主人が運転するかっこいいオープンカーに乗せても ……もっと読む>>

旅のチカラ:2 予想外を楽しむ心持ち かとうちあきさん (2018年5月23日)

 高校1年生の春先、同級生と横浜から熱海まで約80キロを歩きました。1泊目は横浜市郊外の道沿いの側溝にはまるように寝て、2泊目はレストランの駐車場の隅で休みまし ……もっと読む>>

ページトップへ戻る