朝日新聞デジタル for school

2017年6月29日(木)

記事をしらべる! 見たい、知りたい記事は過去5年分が検索可能。切り抜きイメージ表示、印刷も

リレーおぴにおん

ジャズと私:8 戦後文化に圧倒的な影響 マイク・モラスキーさん

(2017年6月28日)

 ジャズ誕生100年を、初めて録音された時点から数えて祝うのはどうかと思います。何せ、ジャズという音楽は録音される前から存在していました。録音再生メディアは便利 ……もっと読む>>

ジャズと私:7 ストイック、ひたすらマニア道 ラズウェル細木さん (2017年6月20日)

 高校時代にジャズと出会い、以来、レコードを収集するタイプのジャズマニア道を邁進(まいしん)してきました。  「(サックス奏者)アーチー・シェップの全作品をコン ……もっと読む>>

ジャズと私:6 気持ち良い音ならええやん 澤野由明さん (2017年6月14日)

 ゲタ屋がジャズレーベルをつくるなんて本当はあり得ないことやけど、僕にはレコード会社をやってる意識はなくて、好きなものをつくって売ってるゲタ屋さんが、たまたまジ ……もっと読む>>

ジャズと私:5 動画で手軽に、私たち世代も 川口千里さん (2017年6月13日)

 5歳の時、父の電子ドラムをおもちゃがわりにたたき始め、8歳で師匠(ドラマーの菅沼孝三氏)に弟子入りしました。最初はロックから入ったので、ジャズやフュージョンは ……もっと読む>>

ジャズと私:4 濃密な一瞬のはかなさこそ 岡田暁生さん (2017年6月7日)

 なぜジャズにハマったか? 難しいからです。クラシックよりはるかに。技法的にも、構造的にも、極限といっていいくらい。コードの複雑さも、他のジャンルの追随を許しま ……もっと読む>>

ジャズと私:3 音に、語りに、酔いしれる幸せ 林家正蔵さん (2017年6月6日)

 ジャズプレーヤーで落語好きという方は大勢います。落語家でもジャズ好きって多いんですよ。どこに共通点があるのか前々から考えています。ともに幅広いスタイルがあるん ……もっと読む>>

ジャズと私:2 論理と感性、数学みたい 中島さち子さん (2017年5月31日)

 小さい頃から、ピアノを即興で自由に弾くのが好きでした。中学時代に数学にはまったのも、発想の自由さにワクワクしたから。大学は数学科に進みましたが、即興好きが高じ ……もっと読む>>

ジャズと私:1 黎明期の音楽、八雲を魅了 小泉凡さん (2017年5月23日)

 ジャズが初めて米ニューヨークでレコードに録音されてから今年で100年になるそうですね。わたしの曽祖父の作家、ラフカディオ・ハーン(日本名・小泉八雲)は来日前の ……もっと読む>>

みどりの恵み:12 書の黒も白も、植物から 川尾朋子さん (2017年5月17日)

 墨の濃淡と余白。白と黒が、書の世界です。京都の八坂神社からお水をいただき、墨をすって、四季折々に美しい京都で、作品をつくり続けています。一番好きな季節は、新緑 ……もっと読む>>

みどりの恵み:11 牧草作り、放射線量との闘い 門馬和枝さん (2017年5月16日)

 2011年春の福島の原発事故から7カ月が過ぎた、10月の終わりでした。川内村への出張途中、放射線量が高い浪江町津島地区の牧草地を見ました。すごい緑なんです。青 ……もっと読む>>

ページトップへ戻る