朝日新聞デジタル for school

2018年5月27日(日)

記事をしらべる! 見たい、知りたい記事は過去5年分が検索可能。切り抜きイメージ表示、印刷も

リレーおぴにおん

旅のチカラ:2 予想外を楽しむ心持ち かとうちあきさん

(2018年5月23日)

 高校1年生の春先、同級生と横浜から熱海まで約80キロを歩きました。1泊目は横浜市郊外の道沿いの側溝にはまるように寝て、2泊目はレストランの駐車場の隅で休みまし ……もっと読む>>

旅のチカラ:1 寅さんが教えてくれる 名越康文さん (2018年5月22日)

 映画「男はつらいよ」は僕にとって大切な作品です。寅さんの生き方は僕らに色々なことを教えてくれます。  故・渥美清さん演じる車寅次郎はテキ屋。各地を訪れ、祭りの ……もっと読む>>

維新150年:11 国の変革へ、命かけた人たち 旭堂南春さん (2018年5月15日)

 アメリカにいた頃、明治維新のことは、19世紀に大きな変化があってサムライがいなくなった、くらいしか知りませんでした。きっかけがアメリカの黒船だったことも、20 ……もっと読む>>

維新150年:10 ジェンダー、洋装と共に流入 能澤慧子さん (2018年5月8日)

 日本の洋装化は、明治新政府と天皇の権力の象徴として、政府が主導しました。もう古い価値観の島国ではないと、外国にアピールするためです。特に英国留学をした政治家の ……もっと読む>>

維新150年:9 多様性を体現した岡倉天心 清水恵美子さん (2018年5月2日)

 文部官僚や東京美術学校(現・東京芸術大学)の校長をつとめ、日本美術院を設立し、米国ボストン美術館の中国日本美術部の部長だった時代もある。その職歴を並べても、岡 ……もっと読む>>

維新150年:8 万次郎の恩返しが問うもの 中濱京さん (2018年4月24日)

 177年前に始まった万次郎の冒険にまつわる、さまざまなものが我が家に伝わっています。通訳として咸臨丸に乗って渡米した際、サンフランシスコで福沢諭吉と一緒に購入 ……もっと読む>>

維新150年:7 天皇への近しさ、再び京に 杉本節子さん (2018年4月11日)

 かつて呉服商が軒を連ね、いまも祇園祭の山鉾(やまほこ)の山を継承する下京(しもぎょう)の元呉服商の家に生まれました。1743年に初代が近所に居を構え、24年後 ……もっと読む>>

維新150年:6 知られぬ幕臣、歴史は偏る 小栗さくらさん (2018年4月10日)

 司馬遼太郎が好きだった父の影響で中学生のとき「燃えよ剣」を読み、新選組にはまりました。小説には、私の地元の東京・多摩にある新選組ゆかりの地がたくさん出てきます ……もっと読む>>

維新150年:5 100年先を見据えた勝海舟 高山みな子さん (2018年4月4日)

 小説や映画で、明治維新は新旧勢力が対立する構図で描かれがちですが、少し違うのではと思います。新政府と徳川幕府はどちらも、欧米列強の植民地にならずに日本という国 ……もっと読む>>

維新150年:4 刺青認めぬ現代の息苦しさ 山本芳美さん (2018年4月3日)

 明治維新は、日本国内の刺青(いれずみ)に対する認識を大きく変えるきっかけとなりました。  江戸時代、刺青は「大衆文化」として庶民に受け入れられていました。鳶( ……もっと読む>>

ページトップへ戻る