朝日新聞デジタル for school

2017年4月30日(日)

記事をしらべる! 見たい、知りたい記事は過去5年分が検索可能。切り抜きイメージ表示、印刷も

特派員メモ

(台北)台湾の「心のひだ」

(2017年4月27日)

 台北支局に赴任して3カ月になる。この間、タイムトラベルのように「かつての日本」に出会うことがある。「台湾歌壇」の取材に出かけたときもそうだった。  日本の植民 ……もっと読む>>

(ソウル)ミセモンジも争点 (2017年4月24日)

 春の異動で、語学研修以来4年半ぶりにソウルで暮らし始めた。戸惑ったのは、韓国語で「ミセモンジ」(微細粉じん)と呼ぶ有害物質含みの粒子状物質「PM2・5」や「P ……もっと読む>>

(テヘラン)やせ我慢も必須? (2017年4月20日)

 イランの首都テヘランで4月上旬、初めて女性が参加する国際マラソン大会が開かれた。女性の参加者には「イスラム的な装い」との条件がつき、髪を覆うスカーフと、体の線 ……もっと読む>>

(スピッツベルゲン島)北極圏で転んでも (2017年4月19日)

 北緯79度の北極圏に浮かぶノルウェーのスピッツベルゲン島。ロシア人が多く住む村を3月に訪ねた。主な移動手段はスノーモービル。最長12時間も走る行程だ。  初め ……もっと読む>>

(北京)誇張報道の「罪」 (2017年4月5日)

 「お前、このまま中国にいた方が安全だろ」  北京から離任する手続きのため公安局(警察)へ行った。帰国を告げると窓口の警察官が興味津々で尋ねてきた。「原発事故の ……もっと読む>>

(ヨーバリンダ)大統領の「影」も刻む (2017年4月3日)

 歴代米大統領のゆかりの地には、決まって記念図書館がある。政権の公文書を保管し、大統領の生き様や時代を紹介するものだ。どこも面白いが、最も興味深かったのはニクソ ……もっと読む>>

(東京)白さんの思いを胸に (2017年3月27日)

 第12回「中国人の日本語作文コンクール」で最優秀賞に選ばれた南京大学大学院の白宇(パイユイ)さん(22)が先月、日本にやってきた。昼食をとりながら本音を聞く機 ……もっと読む>>

(エッソ)極東の猟師の家で (2017年3月23日)

 ロシア極東カムチャツカ半島中部のエッソで、猟師のゲナジ・ポノマリョフさん(77)と出会った。自宅に招かれると、狩猟用ナイフやオーディオ、ギターなど、様々な日本 ……もっと読む>>

(ニューヨーク)終電を見渡せば (2017年3月13日)

 ニューヨークで働く日本企業の方と宴席を共にすると、「働き方」の話題で盛りあがることがある。  東京や大阪での勤務で「終電帰り」も多かった会社員が、こちらに赴任 ……もっと読む>>

(ティフアナ)国境の「ラ・バンバ」 (2017年3月9日)

 米国と国境を接するメキシコ北部の町ティフアナ。両国を隔てる国境の柵の様子を取材していると、聞き慣れたメロディーが流れてきた。《バーンバー、バンバ……》。日本で ……もっと読む>>

ページトップへ戻る