朝日新聞デジタル for school

2018年5月27日(日)

記事をしらべる! 見たい、知りたい記事は過去5年分が検索可能。切り抜きイメージ表示、印刷も

耕論

子ども食堂ブーム考 二本松一将さん、はるな愛さん、後藤広史さん

(2018年5月24日)

 子ども食堂が、全国で2200カ所を超えた。子ども1人でも無料もしくは安く食べることができ、ブームのように広がる。子どもの居場所づくりや貧困問題の解決につながっ ……もっと読む>>

コミュ力と言うけれど 川嶋太津夫さん、斎藤環さん、岡田美智男さん (2018年5月23日)

 就活真っ盛り。この時期に「魔法の言葉」として飛びかうばかりか、今や人間の価値をはかる物差しのようにさえ使われる言葉が「コミュ力」だ。それっていったい何?   ……もっと読む>>

「オオタニ」的人生哲学 山田正雄さん、佐々木亨さん、斉藤淳さん (2018年5月22日)

 投げては4勝、打っては6本塁打と大活躍の大谷翔平選手。二刀流を軽々とこなすように見える彼の深い部分にあるものは何なのだろう。私たちが「オオタニ」から学ぶべき人 ……もっと読む>>

「最強官庁」は幻想か 小幡績さん、福岡伸一さん、戸高一成さん (2018年5月19日)

 「セクハラ」「公文書改ざん」――。官中の官、といわれた財務省で、世間の常識とかけ離れたことが相次いでいる。なぜこんなことが続くのか。「最強官庁」は、幻想か。 ……もっと読む>>

大相撲、不祥事あれど 能町みね子さん、藤井琢倫さん、中島隆信さん (2018年5月17日)

 元横綱日馬富士の暴行事件をはじめ、不祥事の話題にこと欠かない大相撲。なのに、連日の「満員御礼」で、地方巡業も活況だ。一言いいつつも、やっぱり見てしまうのは、な ……もっと読む>>

セクハラ許す日本の謎 笹山尚人さん、村田玲子さん、菅原絵美さん (2018年5月16日)

 前財務事務次官のセクハラに対し、「セクハラ罪という罪はない」と財務相がかばい、それを注意しない総理。日本はなぜ、こんなにセクハラに寛容な社会なのか。  ■弱 ……もっと読む>>

エレキ、永遠の詩? 椎名林檎さん、荒井英治さん、南田勝也さん (2018年5月15日)

 高級エレキギターで知られる米ギブソンが経営破綻(はたん)した。若者のロック離れが言われるなか、エレキが音楽シーンにおいて「永遠の詩」だった時代は終わるのか。 ……もっと読む>>

本当に「記憶にない」? 亀石倫子さん、高木光太郎さん、猪瀬直樹さん (2018年5月11日)

 「記憶はない……」と繰り返していた柳瀬唯夫氏が、10日の国会招致で、加計学園関係者との首相官邸での面会を認めた。柳瀬氏の記憶は「よみがえった」のか? それとも ……もっと読む>>

揺らぐ言論の土台 スマイリーキクチさん、アーロン・シャロックマンさん、上井靖さん (2018年5月10日)

 誰もが自由に発信できる時代の中、社会面連載「発した先に」で、異論を受け入れず、他者を攻撃する風潮を取りあげた。ゆがんだ言論に向き合ってきた人たちが考える処方箋 ……もっと読む>>

改憲論議、次世代の目で 西條辰義さん、太田啓子さん (2018年5月2日)

 日本国憲法は、現在を生きる私たちのみならず、将来の人々にとっても大切なもの。しかし、改憲論議は現役世代の視点だけで進められている。そもそも誰のため、何のための ……もっと読む>>

ページトップへ戻る