朝日新聞デジタル for school

2018年5月27日(日)

記事をしらべる! 見たい、知りたい記事は過去5年分が検索可能。切り抜きイメージ表示、印刷も

教えて!

(教えて!強制不妊手術:7)被害者が提訴、救済に高い壁も

(2018年5月26日)

 「何も知らされないまま人生を奪われた。このまま済ますわけにはいかない」  不妊手術を強いられた宮城県の70代女性が今月17日、国に補償を求めて提訴し、記者会見 ……もっと読む>>

(教えて!強制不妊手術:6)新聞はどう報じてきたか? (2018年5月25日)

 優生思想や不妊手術を新聞はどう報じてきたのか。優生学の潮流は、大正時代には日本でも知られるようになった。東京朝日新聞は「人種改良」という言葉でアメリカの断種法 ……もっと読む>>

(教えて!強制不妊手術:5)形骸化した審査会、件数ノルマも (2018年5月23日)

 優生保護法(1948~96年)の強制不妊手術は、都道府県の「優生保護審査会」が実施の適否を判断していた。審査会の役割を記した文書には、こうある。  「都道府県 ……もっと読む>>

(教えて!強制不妊手術:4)官民あげて推進、医学界も協力 (2018年5月19日)

 不妊手術を強制された障害者らは全国で少なくとも1万6475人。うち2593人と都道府県別で最多だったのが北海道だ。官民一体となり、推進運動を繰り広げていた。 ……もっと読む>>

(教えて!強制不妊手術:3)対象になる人、誰がどう決めたのか? (2018年5月18日)

 優生保護法(1948~96年)にもとづく強制不妊手術は、病気や障害を理由に行われた。医師が診断し、必要と判断すれば都道府県の優生保護審査会に申請した。  手術 ……もっと読む>>

(教えて!強制不妊手術:2)どのような制度で実施されたのか? (2018年5月17日)

 優生保護法(1948~96年)が定めた不妊手術は、大きく分けて2通りあった。本人の同意が必要なものと、不要なものだ。  同意が必要な不妊手術は3条で定めた。本 ……もっと読む>>

(教えて!強制不妊手術:1)食糧難解消へ産児制限 (2018年5月16日)

 戦後まもなく制定され1996年まで続いた旧優生保護法により、精神・知的障害者ら男女約1万6千人が不妊手術を強いられました。いまも苦しむ人がいます。子どもをもつ ……もっと読む>>

(教えて!金融政策:4)追加緩和は本当にできるの? (2018年5月12日)

 米欧の中央銀行は大規模な金融緩和を終える「出口」へ動いている。対照的に日本銀行は目標の「物価上昇率2%」の達成が見通せず、ついに達成時期を示すのもやめた。出口 ……もっと読む>>

(教えて!金融政策:3)米欧は緩和縮小、日本の出口は? (2018年5月11日)

 日本銀行の異次元緩和は悪影響が目立ってきた。目標の「物価上昇率2%」は遠く、緩和を終える「出口」は見えない。一方、米欧は緩和縮小に動く。  米連邦準備制度理事 ……もっと読む>>

(教えて!金融政策:2)続く異次元緩和、目立つ副作用 (2018年5月10日)

 日本銀行の目標の「物価上昇率2%」。「2019年度ごろ」としていた達成時期は、4月の金融政策決定会合で削除された。黒田東彦(はるひこ)総裁は「2%の早期実現は ……もっと読む>>

ページトップへ戻る