朝日新聞デジタル for school

2018年5月27日(日)

記事をしらべる! 見たい、知りたい記事は過去5年分が検索可能。切り抜きイメージ表示、印刷も

おやじのせなか

成田童夢さん 今でも「監督」、これでいい

(2018年5月20日)

 父の職業はファッションフォトグラファーです。世界中を飛び回って作品をつくっていました。だから幼稚園のお迎えはいつも祖父。5歳の時に父が初めて来た時、「このおじ ……もっと読む>>

サンプラザ中野くん 歌うDNA、刻まれたんだな (2018年5月13日)

 人当たりは良いけど、家の中ではあまりしゃべらなかったです。家の外では明るい人。親戚と酒を飲みながら「サンプラザ中野の父が歌います!」と言って、よく歌っていたそ ……もっと読む>>

宇多丸さん 破天荒、自らの病院でDJも (2018年4月22日)

 父(精神科医の石川信義さん)は破天荒で、漫画の主人公のような人です。周りに人が集まってくる「スーパースター体質」だから、僕のライブにたくさんの人が入っているの ……もっと読む>>

木村多江さん 49歳、幸せだったのだと (2018年4月15日)

 シャイで、厳しくて、でも人を楽しませるのが好き。海外を駆け回る営業マンだった父は、そんな人柄でした。  よく怒られた思い出があります。18歳のころ門限を破って ……もっと読む>>

井戸田潤さん 市議当選、タヌキで祝った (2018年3月23日)

 ひとことで言うと、楽しい人。通信会社の労働組合の委員長でしたが、僕が中学2年の時に地元の市議選に立候補しました。担がれると、調子に乗るタイプだったんですね。 ……もっと読む>>

篠田麻里子さん 習い事、可否はプレゼン次第 (2018年3月16日)

 「モノより思い出」って感じでしたね。父にモノを買ってもらった記憶は少なくて、川遊びやキャンプ、スキー、お祭り……など家族で過ごした思い出ばかりです。  父は海 ……もっと読む>>

林家木りんさん 不言実行、努力する天才力士 (2018年3月9日)

 自宅には土俵があります。父は元大関・清国、伊勢ケ浜部屋の親方でした。大関になった1969年の名古屋場所で、横綱大鵬を破って優勝しました。  子どもの頃から、父 ……もっと読む>>

アーサー・ビナードさん 突然の別れ、詩の原点に (2018年3月2日)

 突然死んでしまった父を詩にできたのは、日本に来て日本語で詩を書いてからです。英語だと色んな記憶がよみがえってくるから、書けなかった。でも、日本語だと記憶や父と ……もっと読む>>

飯豊まりえさん 性格正反対、でも一緒に旅行 (2018年2月23日)

 楽しい思い出には、必ず父がいます。私は一人っ子で、子どものころからいつも父と一緒でした。1月に20歳になった時は誕生日当日に父を誘い、金沢市へ温泉旅行に行きま ……もっと読む>>

ダンディ坂野さん だめ出ししない真面目な大工 (2018年2月16日)

 父は大工でした。いつも作業着で、毎朝8時に出て行って、日没に帰ってきました。私より小柄で身長が160センチちょっとでしたが、すごく筋肉質で。厳しいところもあっ ……もっと読む>>

ページトップへ戻る