朝日新聞デジタル for school

2017年4月30日(日)

記事をしらべる! 見たい、知りたい記事は過去5年分が検索可能。切り抜きイメージ表示、印刷も

おやじのせなか

横澤夏子さん ライブ見て「うまくやったな」

(2017年4月28日)

 私は父と顔がそっくり。頑固な性格も父譲りです。  父は中学校の先生で、卓球部の顧問です。私も2歳から卓球を始め、高校3年まで続けました。家を建てる時、「ここだ ……もっと読む>>

竹宮恵子さん 二十歳の上京、握手で見送り (2017年4月21日)

 私が小さいころ、父はよく着物を着ていました。若い時の写真がすごくステキで。お見合いの時、母は「写真にひと目ぼれ」だったそうです。  ゲリラ戦や情報戦を学ぶ機関 ……もっと読む>>

村田諒太さん 黙ってメール、重圧解けた (2017年4月14日)

 今でも忘れません。  プロデビュー戦を前にして、僕からお父さんに電話をかけたときのことです。何げない会話を続けていたら、声を聞いているうちに「こんな試合なんか ……もっと読む>>

塩田武士さん 谷の時こそ勝負、人生学んだ (2017年4月7日)

 あとさき考えない豪快な父でした。自分勝手だと思っていましたが、2010年に67歳で亡くなって数年経ち、いいところも見えるようになりました。  兵庫県尼崎市で小 ……もっと読む>>

勝村政信さん 行き先は変わらず日本橋 (2017年3月31日)

 今年82歳になる父は、東京・日本橋の老舗佃煮(つくだに)店の職人でした。子どもの頃は、僕の体の8割は佃煮でできていたと言っても過言ではないくらい、たくさん食べ ……もっと読む>>

青来有一さん 「7867」愛車に残る伝言 (2017年3月24日)

 父は長崎の被爆者で、8年前に80歳で亡くなりました。私は、父の被爆体験をテーマにした小説「悲しみと無のあいだ」を2015年に出版しました。  父は戦時中、爆心 ……もっと読む>>

桐生祥秀さん どん底の時、親身な言葉 (2017年3月17日)

 父は、地元のショッピングセンターに勤めています。正月休みもない仕事なので、家族で旅行に行った記憶はありません。でも、平日の夕方には家の周りでよく一緒に遊んでい ……もっと読む>>

田中恒成さん 一見むちゃだけど頼れる存在 (2017年3月10日)

 小さい頃は空手をやっていて父さんに教えてもらっていました。クリスマスプレゼントは練習用のサンドバッグとパンチングボール。近所を上半身裸で走らされたこともあった ……もっと読む>>

小島慶子さん 仕事熱心、家族のため戦った (2017年3月3日)

 83歳の父は貧しい家で育ち、奨学金で国立大学へ行った苦労人です。商社に勤め、「モーレツサラリーマン」でした。オーストラリアやシンガポールに駐在していた時も出張 ……もっと読む>>

綾小路翔さん サッカーの夢、継げなくても (2017年2月24日)

 男なら泣くな、と父に言われて育ちました。上級生に殴られるより父のほうが怖かったから、外で泣いたことはなかったです。言葉遣いにも厳しくて、今でも僕、敬語でしゃべ ……もっと読む>>

ページトップへ戻る