朝日新聞デジタル for school

2019年3月27日(水)

記事をしらべる! 見たい、知りたい記事は過去5年分が検索可能。切り抜きイメージ表示、印刷も

いま子どもたちは

ふるさとに戻って:8 失敗、次は成功 ドローンで学ぶ

(2019年3月27日) NEWS

 (No.1567)  2月中旬、福島県川俣町の町立山木屋小学校。零下の寒さの中、6年生3人が体育館でタブレットやスマホとにらめっこをしていた。プログラミング ……もっと読む>>

ふるさとに戻って:7 村の子7人が育む強いつながり (2019年3月26日)

 (No.1566)  2月、福島県葛尾村の村立葛尾小学校の教室で、児童2人が互いに背を向けて座り、勉強していた。  4年生の松本彩楓さん(10)は空気や水、 ……もっと読む>>

ふるさとに戻って:6 工場跡の仮設校舎「大切なふるさと」 (2019年3月25日)

 (No.1565)  東京電力福島第一原発事故を受けて、福島県富岡町が避難先の同県三春町に設けた小学校「三春校」で1日、感謝の会があった。仮設校舎2階のホー ……もっと読む>>

ふるさとに戻って:5 1年間の思い出、映像に詰め込む (2019年3月24日)

 (No.1564)  2月下旬、福島県富岡町の町立富岡第一・第二小富岡校で、6年生4人がビデオカメラを片手に2階建ての校舎を回っていた。  最初に向かったの ……もっと読む>>

ふるさとに戻って:4 分かれた学校、中継で一つに (2019年3月20日)

 (No.1563)  東京電力福島第一原発事故の影響で、福島県富岡町の富岡第一・第二小学校は地元の富岡校と、約60キロ離れた内陸部の三春校の二つに分かれてい ……もっと読む>>

ふるさとに戻って:3 パラ選手支援、資金集め奔走 (2019年3月19日)

 (No.1562)  「私はIOC会長の菅野(かんの)沙菜です」  2月下旬、東京であった政府主催の「ホストタウンサミット」で福島県飯舘村の飯舘中学2年生、 ……もっと読む>>

ふるさとに戻って:2 牛やイチゴ、村の頑張り伝えたい (2019年3月18日)

 (No.1561)  福島県飯舘村の小学校に通う5年生の星慎治さん(11)ら3人は昨年10月、牧草が生えた村内の田んぼにいた。5頭の牛と向き合うと、「大きい ……もっと読む>>

ふるさとに戻って:1 通学1時間、飯舘が好き (2019年3月17日)

 (No.1560)  2月下旬の午前7時前、福島市郊外にある市役所の出先の駐車場に白いマイクロバスが止まっていた。エンジン音を響かせ、前方の行き先表示は「飯 ……もっと読む>>

二つのルーツ強みに:4 多様な視点も、自分の視点も (2019年3月13日)

 (No.1559)  沖縄県宜野湾市のアメラジアンスクール・イン・オキナワは創立から20年たった。70人の卒業生を送り出してきた。  2年前に卒業した県立那 ……もっと読む>>

二つのルーツ強みに:3 修学旅行費、自分たちで稼ぐ (2019年3月12日)

 (No.1558)  「2019年11月までに30万円稼ぐ!」。アメラジアンスクール・イン・オキナワ(沖縄県宜野湾市)の中学生のクラスにあるホワイトボードに ……もっと読む>>

ページトップへ戻る