朝日新聞デジタル for school

2017年4月30日(日)

記事をしらべる! 見たい、知りたい記事は過去5年分が検索可能。切り抜きイメージ表示、印刷も

いま子どもたちは

障害児の放課後:4 大きく成長、春からは社会人

(2017年4月24日)

 (No.1272)  「こぴあには、小学校入学と同時に通い始めました。私たち親子の成長に寄り添ってくださり、ありがとうございました」  3月31日。東京都江 ……もっと読む>>

障害児の放課後:3 避難訓練でリーダーシップ (2017年4月23日)

 (No.1271)  「緊急地震速報です。強い揺れに警戒してください」  春休み中の午後3時15分。東京都江東区にある、障害児の放課後活動施設「こぴあクラブ ……もっと読む>>

障害児の放課後:2 水上バス「もっと乗りたい!」 (2017年4月22日)

 (No.1270)  春休み中の3月。東京都内にある障害児の放課後活動施設「こぴあクラブ」で、遠足が催された。参加者は小学1年生から高校2年生までの9人。自 ……もっと読む>>

障害児の放課後:1 遊ぶための「第三の場所」 (2017年4月21日)

 (No.1269)  4月初旬の午後。東京都江東区にある、障害児の放課後活動施設「こぴあクラブ」には、野菜を刻む音や、みそ汁のだしの香りが広がっていた。火曜 ……もっと読む>>

拓真君とともに:7 「やりたいこと」はハッキリ (2017年4月17日)

 (No.1268)  「いらっしゃいませー」「どうぞー」  千葉県野田市役所の1階ロビーに、県立野田特別支援学校高等部の生徒たちが作った手工芸品や食器、野菜 ……もっと読む>>

拓真君とともに:6 リレー対決、父を追い抜いた (2017年4月16日)

 (No.1267)  2月中旬の土曜日、千葉県野田市内のグラウンドに、県立野田特別支援学校に通う小野拓真君(17)と父聡志さん(51)、知的障害者の男性や支 ……もっと読む>>

拓真君とともに:5 優しさ・努力、学ぶ友人たち (2017年4月15日)

 (No.1266)  ピンクのゴム手袋をはめ、スポンジに洗剤をつけて、バスタブを丁寧に洗っていく。自宅の風呂掃除は、自閉症で知的障害がある小野拓真君(17) ……もっと読む>>

拓真君とともに:4 涙もあった、発語トレーニング (2017年4月14日)

 (No.1265)  自閉症と診断された小野拓真君(17)は4歳のころ、知的障害のある就学前幼児のための施設「こだま学園」(千葉県野田市)に通い始めた。   ……もっと読む>>

拓真君とともに:3 自閉症の診断、両親「向き合う決意」 (2017年4月9日)

 (No.1264)  3歳になるころ、小野拓真君(17)は両親といっしょに、子どもの発達障害などを専門に診る東京都内の病院を訪れた。  診察室でも、拓真君は ……もっと読む>>

拓真君とともに:2 3歳の迷子事件、本人はけろり (2017年4月8日)

 (No.1263)  千葉県立野田特別支援学校に通う自閉症の小野拓真君(17)。まだ障害が分からなかった幼いころ、母幸子さん(44)は拓真君が周囲の子どもと ……もっと読む>>

ページトップへ戻る