朝日新聞デジタル for school

2018年11月19日(月)

記事をしらべる! 見たい、知りたい記事は過去5年分が検索可能。切り抜きイメージ表示、印刷も

ひと

永久メイさん マリインスキー・バレエ2人目の日本人正式団員

(2018年11月18日) NEWS

 しなやかに揺れ動く手、軽やかな足の運び……。その踊りは、見た者を陶然とさせる。  世界屈指のバレエ団、ロシアのマリインスキー・バレエに6月、正式な団員として加 ……もっと読む>>

森山拓也さん トルコの原発反対運動を追う映画を撮った (2018年11月17日)

 お祭りのようだった。歌って、踊って、反原発を訴える。「参加者の生き生きした表情に取りつかれた」。論文づくりの記録用だった一眼レフで、動画を撮らずにはいられなか ……もっと読む>>

コルドバッチェ・マンスールさん 日展で2部門に同時入選した「爆盛り」人気の居酒屋店主 (2018年11月16日)

 国内最大の公募美術団体展「日展」の、洋画と彫刻の2部門で入選を果たした。同時入選、しかも外国人はとても珍しい。黒いチャドルをまとい、イスラムの祈りを捧げる娘流 ……もっと読む>>

アケルケ・スルタノワさん 旧ソ連の核実験場の放射能被害を本にした (2018年11月15日)

 幼い頃、地震と思っていたのは核実験だった。冷戦下、旧ソ連が約450回の核実験を重ねたとされるカザフスタンのセミパラチンスク出身。閉鎖された実験場近くの住民約8 ……もっと読む>>

平野歩夢さん スノボとスケボーの二刀流に挑戦 (2018年11月14日)

 二刀流への挑戦は、一人で決めた。「人に言われて始めるのは、恥ずかしいこと。自分のために、自分で決めました」。今年2月の平昌(ピョンチャン)五輪スノーボード男子 ……もっと読む>>

鈴木惣一朗さん 耳鳴りと向き合う音楽家 (2018年11月13日)

 数年前から、右耳がキーンと響くようになった。作曲家・演奏家として静かでぬくもりある音楽を紡ぎ、プロデューサーとして眠りを誘うようなアルバムを作ってきた。「沈静 ……もっと読む>>

桑田丹さん 「歩くサッカー」の普及に取り組む (2018年11月10日)

 しゃがめない。物が拾いにくい。下半身がおかしくなったのは60歳のころだ。  股関節の軟骨がすり切れる変形性股関節症と診断され、2015年、人工関節に換える手術 ……もっと読む>>

齋藤正健さん 宮崎・土呂久ヒ素公害の告発から半世紀、初めて講演した (2018年11月9日)

 小学校教諭として最初に赴任したのは宮崎県高千穂町だった。土呂久(とろく)地区の子ばかりが「胸が痛い」と苦しんでいた。遊び場の川に鉱山から水が流れ込んでいた。 ……もっと読む>>

アイリーン・ヒラノ・イノウエさん 日米の民間交流を進める米日カウンシル会長 (2018年11月8日)

 第2次大戦時に祖父は収容所に入れられ、父は米軍に加わった。ロサンゼルスで生まれた日系3世だが、日系人の苦難や複雑な思いを知ったのは南カリフォルニア大の学生時代 ……もっと読む>>

一盛和世さん 蚊が媒介する熱帯病「フィラリア症」を撲滅に追い込む (2018年11月7日)

 青年海外協力隊員として赴いたサモアを皮切りに海外生活は30年に及ぶ。うち17年は太平洋の島国だ。リンパ系フィラリア症という熱帯病をなくすために。  玉川大学農 ……もっと読む>>

ページトップへ戻る