朝日新聞デジタル for school

2017年10月19日(木)

記事をしらべる! 見たい、知りたい記事は過去5年分が検索可能。切り抜きイメージ表示、印刷も

注目ニュース

かさ上げ道路、駆ける 復興マラソン 宮城・仙台湾 【交通網】

(2017年10月16日)

 東日本大震災の津波で被災した宮城県の仙台湾岸南部で、海岸線から1キロほど内陸部を走る「かさ上げ道路」の整備が進んでいる。盛り土の高さは4~6メートルあり、田園 ……もっと読む>>

読み聞かせ、ほぐした心 語り継ぐ、新たな役割を胸に @岩手県陸前高田市 東日本大震災7年目 【教育】 (2017年10月16日)

 東日本大震災の被災者が被災者へ本を読み聞かせる取り組みを続けている。物語に入り込み、想像の世界を楽しんでほしい。そんな願いが込められた活動は、震災の継承や地域 ……もっと読む>>

水素、地産地消で生かす 牛ふん1頭分、車の燃料1年分に 【エコ(節電以外)・リサイクル】 (2017年10月16日)

 二酸化炭素(CO2)を出さない究極のクリーンエネルギーといわれる水素を、農業や調理といった身近な場で使う試みが進んでいる。地球温暖化を防ぐ低炭素をめざす取り組 ……もっと読む>>

「水銀汚染、一緒に根絶しましょう」 水俣病胎児性患者の坂本さん、締約国会議で訴える 【世界の環境汚染】 (2017年10月16日)

 スイス・ジュネーブで開かれている水俣条約の第1回締約国会議(COP1)で28日、胎児性水俣病患者の坂本しのぶさん(61)=熊本県水俣市=が、閣僚級会合前の公式 ……もっと読む>>

災害時、自宅でしのぐ備えは 非常食、食べては補充 【家庭での防災】 (2017年10月16日)

 災害に備えて、数年くらい前に張り切って買い込んだ避難グッズ、今どんな状態ですか? 押し入れの奥で、非常食は消費期限切れに。よくよく見直すと、必要なものが足りて ……もっと読む>>

発達障害の学生、アシスト 先延ばし癖→すべきこと細分化 筑波大、具体策を紹介 【障害者】 (2017年10月10日)

 発達障害がある学生が学びやすいように、支援に取り組んでいる大学があります。その学生に合った手助けをできるかが、「学びやすさ」へのカギとなるようです。   ……もっと読む>>

高齢者、元気になって介護費抑制 AIで変わる介護現場 【介護】 (2017年10月10日)

 介護が必要な高齢者の自立支援に取り組み、要介護度の改善に成果を上げた介護サービス事業者には、より多くの報酬が支払われる――。来年度の介護報酬改定に向け、そんな ……もっと読む>>

外来ザリガニ、食べてみよう 釣って調理、水田の希少種守る 【生き物】 (2017年10月10日)

 身近な水場で見つかるアメリカザリガニは外来種だ。魚や虫など在来の生き物を食い荒らす厄介者を、駆除する試みもある。捕まえるだけでも楽しいけれど、ちょっともったい ……もっと読む>>

温暖化対策、自治体ピンチ 地域のCO2排出量、把握できず 【地球温暖化】 (2017年10月10日)

 自治体が温暖化対策を進めるために欠かせない、地域の二酸化炭素(CO2)排出量がわからない「非常事態」が相次いでいる。計算に必要な、地域ごとの販売電力量を大手電 ……もっと読む>>

熊本地震後の自殺16人 県、関連死の死因初公表 【熊本地震】 (2017年10月10日)

 熊本県は26日、昨年4月の熊本地震で災害関連死に認定された189人(今年8月末現在)の死因などの集計結果を初めて公表した。死因では肺炎などの呼吸器系疾患が最も ……もっと読む>>

ページトップへ戻る